保険の掛け捨てとは?メリット・デメリットや積み立てとの違い|サイバー保険・PL保険・キャンピングカー保険・キッチンカー保険のリスクマスターズ

03-5205-8561

お問い合わせ

お役立ちコラム COLUMN

有限会社リスクマスターズ > お役立ちコラム > 保険の掛け捨てとは?メリット・デメリットや積み立てとの違い

保険の掛け捨てとは?メリット・デメリットや積み立てとの違い

保険に加入することで、万が一に備えることができます。
現在、たくさんの会社が、保障内容の異なる生命保険を用意していますが、あまりにも多くてどの保険がいいのか迷いませんか?
生命保険は大きく分けて「掛け捨て」と「積み立て(貯蓄型)」の2つあり、最近は経済的な理由から掛け捨てタイプが注目されています。
今回は、生命保険の掛け捨てタイプの特徴や、積み立てとの違い、メリット・デメリットについて、詳しく紹介します。

保険の掛け捨てとは?メリット・デメリットや積み立てとの違い

掛け捨ての保険とは?

掛け捨てタイプとは、保険を解約したり満期を迎えたりした時に、解約返戻金がない商品をいいます。
例えば、とある保険を契約し、支払いを続け、20年目に解約したとしても、保険料は一切戻ってきません。

掛け捨てタイプの保険は、さまざまな保険があります。
今回、詳しく解説する生命保険以外にも、下記のような保険があります。

・医療保険(入院保険)
・定期保険
・死亡保険
・収入保障保険
・がん保険 など

積み立て(貯蓄型)の保険とは?

保険は掛け捨ての他、積み立て(貯蓄型)タイプがあります。
2つの保障内容は似ていますが、積み立ては支払った保険料の一部を貯蓄していくタイプの保険です。

生命保険以外にも、以下のような保険があります。

・終身保険
・養老保険
・学資保険
・個人年金保険など

また、積み立て保険で貯蓄したお金の受け取り方は、保険会社や加入する保障内容によって違います。
「保険解約時に解約返戻金が受け取れる」という場合もあれば、「保険満了時に満期保険金が受け取れる」という場合もあります。

生命保険の掛け捨てと積み立ての違い

掛け捨てタイプの生命保険に比べると、積み立てタイプは月々の保険料が高いのが特徴的です。
保険の加入期間にも違いがあり、一般的に掛け捨ては10年や20年単位で更新するのに対し、積み立てタイプは一生涯や一定期間が過ぎると支払いが終了するけど保障は一生涯続きます。
積み立てタイプの生命保険は、月々や年間の保険料は高いのですが、払込期間終了後に解約返戻金を受け取ると、支払った金額より多く受け取れるケースもあります。

生命保険の掛け捨てのメリット

生命保険の掛け捨てタイプは、月々の保険料を抑えられるだけではなく、以下のようなメリットがあります。

・保障内容が充実
・保険の見直しや乗り換えがしやすい
・家計に見合った額の保険を選べる

掛け捨ての保険は、少ない保険料で保障内容が充実している商品が多く、死亡時など、まとまったお金が必要な時にカバーできる可能性が高いです。
また、金銭的な負担が少ない傾向にあるので、結婚や出産、転職などによって家計が苦しい時も、保険に加入し続けられるのも大きなメリットでしょう。

生命保険の掛け捨てのデメリット

掛け捨てタイプの保険は保険料が安い分、積み立てタイプに比べるとデメリットを感じる部分もあります。

・加入年齢によって保険料が上がる
・保険解約や満了時に保険料が戻ってこない
・一定年齢で保障が終わる保険が多い

加入年齢で保険料が上がるタイプの掛け捨て保険は、更新すると保険料が高くなるケースが多いです。
一定年齢の間、保険料が変わらないタイプの商品の方がメリットは高いように見えますが、規定年齢を過ぎると保障額が下がる場合もあり、不足分は貯金でカバーしなくてはいけません。
また、解約返戻金や満期返戻金がないため、ケガや病気を一切せずに保険を解約すると、今まで支払ってきた保険料の対価は受け取れません。

保険の掛け捨てはどんなに人に向いているの?

生命保険は今後起こり得る病気やケガの費用をカバーするため、掛け捨てと積み立てどちらに加入するべきか悩みどころです。
充実した保障内容があり、保険料が安く抑えられるものの、月々の出費は家計にとって負担であることは変わりません。
掛け捨て保険の魅力は保険料の安さですが、解約や満了時を考えるとデメリットもあります。

生命保険の掛け捨てタイプは、次のような状況の人におすすめですので、該当する場合は検討してみてください。

・独身の人
・収入が不安定で貯蓄があまりない人
・出費が多く支払いが難しい人
・小さな子供がいて教育費がかかっている人
・安い保険料で大きな保障を受けたい人

掛け捨て保険は、ムダな出費を抑えてしっかり保障を受けたい人にぴったりです。
ただし、どんなに保障内容が充実していても、支払ってきた保険料は戻ってきません。
掛け捨て保険のメリット・デメリットを比較しながら検討した方がいいでしょう。

まとめ|保険の掛け捨てで迷った時はプロに相談しよう

保険には掛け捨てタイプと積み立て(貯蓄)タイプがあります。
掛け捨てタイプは、保険料によってお金を貯めることはできませんが、保険にかかる出費を抑えながら、いざという時に備えることができます。
万が一に備えるための生命保険は、一家を支える人にとって欠かせないものです。
掛け捨てと積み立て、どちらの保険が良いのか、家計の状況やライフプランを踏まえて感が対ですね。
自身で考えるのが難しい場合は、迷わず保険のプロにご相談ください。

コラム監修者 プロフィール

コラム監修者 プロフィール 磯崎学(イソザキマナブ)

磯崎学(イソザキマナブ)

中央大学法学部にて政治学科を学ぶ。
大学卒業後、三井海上火災保険会社で保険営業の基礎を学ぶ。
その後、平成10年12月より独立し、現在、自社の代表を務める。

代理店として25年以上の実績があり、企業への保険提案を得意としている。
事故処理の経験も豊富。

■保有資格
損害保険大学課程コンサルティング資格、損害保険募集人一般資格(通称:損保一般)、生命保険専門資格