チャイルドシートを助手席につけるのは違法?設置の注意点|サイバー保険・PL保険・キャンピングカー保険・キッチンカー保険のリスクマスターズ

03-5205-8561

お問い合わせ

お役立ちコラム COLUMN

有限会社リスクマスターズ > お役立ちコラム > チャイルドシートを助手席につけるのは違法?設置の注意点

チャイルドシートを助手席につけるのは違法?設置の注意点

車に6歳未満の子供を乗せる時、道路交通法によりチャイルドシートの設置乗車が義務付けられています。
万が一の事故に備えてチャイルドシートは命を守る大切な装備ですが、設置する場所は助手席でも問題ないのか気になりませんか?
今回は、チャイルドシートを助手席につけると違反なのか、設置時の注意点などについて詳しく紹介します。

チャイルドシートを助手席につけるのは違法?設置の注意点

チャイルドシートを助手席につけても違法ではない!

現在、チャイルドシート設置に関する法律では、設置する場所についての決まりはありません。
当然ですが運転席以外の座席であれば、どの位置でも違法にあたらないのです。

チャイルドシートを助手席に前向きで設置してもいいの?

チャイルドシートは前向きと後ろ向きタイプがあり、年齢や状況に合わせて車に設置します。
一般的に、新生児から1歳未満までの子供は後ろ向きタイプで設置し、1歳以上の子供は前向きタイプを取り付けるケースが多いです。
チャイルドシートは助手席につけても違法性はなく、もちろん前向き・後ろ向きどちらのタイプの設置も可能です。
法律上では合法ですが、取り付けるなら「前向きタイプ」を推奨します。
また、やむを得ない理由がない限り助手席にチャイルドシートの設置は避けた方がいいでしょう。

チャイルドシートにより助手席はNG!エアバッグが大きな理由

チャイルドシートを助手席ではなく後部座席に設置した方が良い理由は、エアバッグが関係しています。
車が衝撃を受けると、助手席やサイドなどに装備したエアバッグが開き、搭乗者がケガをしないように守ってくれます。
しかし、エアバッグは一瞬で膨らみ、思った以上に搭乗者を圧迫するため、助手席にチャイルドシートを設置すると衝撃で弾き飛ばされる可能性があります。
助手席に設置したチャイルドシートがエアバッグにより前後に揺さぶられ、子供がケガをする事故も珍しくありません。
また、多くの車は助手席などにエアバッグが装備してありますが、古い車種はエアバッグが装置されていない場合もあります。
エアバッグが開くのと同様に、事故を起こすと大きな衝撃を受けてしまうので大変危険です。
車種によって「助手席に後ろ向きタイプのチャイルドシートは取り付けできません」と説明書に記載しているケースもあるので、しっかり確認しましょう。

チャイルドシートを助手席につけるのはいつからOK?

チャイルドシートの設置義務は、産まれてすぐから6歳未満までなので、助手席への設置も道路交通法に合わせた年齢で守らなくてはいけません。
助手席よりも後部座席の方が安全性は高く、万が一、事故を起こしても大きな被害になりにくいと考えられます。
ただ、子供を後部座席にひとりで乗せる場合などは、子供から家族の顔が見えません。
不安から泣いてしまったり、同じ景色や姿勢が続いたせいで飽きてグズってしまったりする可能性もあります。
産まれて間もない頃から助手席にチャイルドシート設置しても違法性はありませんが、安全性や注意点をしっかり確認しておきましょう。

チャイルドシートを助手席につける際の注意点

さまざまな理由から、チャイルドシートを助手席につける時は、取り付け方と乗せ方に気をつけましょう。

助手席を限界まで下る

もしもの時に備えて、エアバッグの衝撃を最小限に抑えるために、助手席の座席を限界まで後部座席側に下げましょう。
車種によって座席の移動ができない場合もありますが、エアバッグの衝撃を避けるためにと座席の背面に傾斜をつけるのは止めてください。
座席の背面がない状態でチャイルドシートをつけると、障害物がないため衝撃をより受けてしまいます。

固定ベルトの位置など確認

チャイルドシートに子供を乗せる時は、固定ベルトや座る位置をしっかり大人が確認しましょう。

・腰ベルトの緩みを確認
・チャイルドシートに腰深く座らせる
・ハーネス(肩ベルト)を体型に合わせて調節
・ハーネスの通し穴位置は子供の肩より高いこと

チャイルドシートを買った状態で取り付けると、子供の体に合わないまま固定ベルトなどを使っている可能性があります。
ハーネスの位置やベルトの締め付け具合で、子供がしっかり固定できていないケースもあるので気をつけてください。

ナイロン製の洋服を着たまま乗せない

チャイルドシートに乗せる時は、子供の服装にも注意が必要です。
ナイロン製のパーカーやジャンパー、ダウンジャケットなどの衣類は、ハーネスとの相性が悪くツルツルと滑って固定力が落ちます。
ハーネスをつけた時、滑ることなくしっかり子供の体を守ってくれる素材の服装が好ましいです。

まとめ|チャイルドシートを助手席につける時は正しい方法で!

チャイルドシートを助手席に取り付けても違法ではありません。
しかし、エアバッグが開く衝撃や、事故による衝撃を受けやすく、危険性が高い場所です。
家族構成や車のタイプにより助手席にしか設置できない場合もあると思いますが、可能であれば助手席は避けたいですね。
そして、安全のためには、チャイルドシートを正しい方法で取り付けることが重要です。
説明書でしっかり確認をしましょう。
また、万が一に備えて、自動車保険の保証内容についても確認しておくことをおすすめします。
自動車保険に関してわからないこと、悩みごとがありましたら、何でもご相談ください。

コラム監修者 プロフィール

コラム監修者 プロフィール 磯崎学(イソザキマナブ)

磯崎学(イソザキマナブ)

中央大学法学部にて政治学科を学ぶ。
大学卒業後、三井海上火災保険会社で保険営業の基礎を学ぶ。
その後、平成10年12月より独立し、現在、自社の代表を務める。

代理店として25年以上の実績があり、企業への保険提案を得意としている。
事故処理の経験も豊富。

■保有資格
損害保険大学課程コンサルティング資格、損害保険募集人一般資格(通称:損保一般)、生命保険専門資格